full italian support
Home|NostriProdotti|Sull'Italia|GalleriaFotografica|Cucina|DiconoDiNoi|
旅のご提案
 オリジナルコース作り
 視察旅行のお手伝い
 各種の予約
  ホテル・レストラン
  列車・美術館・劇場・他
 ショッピング
 モデルプラン
旅行の豆知識
 季節と衣類
 簡単イタリア語会話
 トイレの利用
 ショッピング
 公衆電話の使い方
 交通機関の利用
写真集
お料理
 よくあるご質問
コラム
リンク
イタリアの12ヶ月
お客様からの声
イタリア中世の街をたどって
 今回の旅は、イタリア中世の街を辿ってみようと思い、BITTOさんに計画をお願いしました。
イタリア湖水地方へ
 岸伝いの小さな街オルタ。別荘や美しい庭をもつ家々が広がっています。 オルタ湖に浮かぶ、オルタ・サン・ジュリオには静かな空気が 流れています。ここへは、ボートで渡ります。
 教会の内部には、素晴らしいフレスコ画があり流れてきた歳月を感じる。 紅葉に染まる小さな島に建つ小さな教会が、オルタ湖の水面に映り月並ですが、やはり絵葉書をみるようです。 色とりどりに染まる山々を目の前に、カサカサと落ち葉を踏みしめマッジョーレ湖へ寄り道です。イタリア湖水地方の美しい風景にうっとり。 マッジョレー湖は小高い丘から臨み湖水の景色を満喫。湖の中には、ボッロメオ家の宮殿と庭がありますが、残念!11月になると島へは渡ることはできません。 湖水に映るアルプスの山々と紅葉の素晴らしいコントラストに目を奪われてぱなしの一日でした。
 オルタでの宿泊は、こじんまりとしたアットホームなホテルです。 お米料理部門で、グランプリを獲得されたシェフが腕を振るわれた夕食に 舌鼓みを打ちました。 朝夕、オルタ湖と雪を頂いたアルプスの山々を眺めて過ごしていました。
ただ、偶々当日はレストランでゆっくり落ちつける雰囲気ではないようでした。 テーブル数が、少し多いいのでは・・(止むを得ないかなぁ)
ラファエロの美女に逢いに
 翌日は、オルタ市を離れウルビーノへ。
ドゥカーレ宮殿の中に、国立マルケ美術館とは一石二鳥そのもの。 是非観たいと思っていた、ラファエッロの「黙っている女」前で暫くの 間凝視していました。 逢いたかったのです!
 ラファエッロの生家で、フレスコ画「聖母子像」を観る。 凛としてじっとこちらを見据え自分の意志を持つ女性、かたや優しい慈愛に溢れ全身で愛情を表す女性。どちらの女性も魅力的です。
 また、丘から眺めるドゥカーレ宮殿も圧巻です。 中世の街並みは、石畳・石段・坂道ばかりで冷たいはずなのに、旅人をふんわりと包み込んでくれました。 「古くて、美しい中世の街」を確りと感じさせてくれます。
 ボローニャ近く、何れは「世界遺産」に・・と思わせる中世の村が丸ごとホテルになっています。
 勿論、数件の家屋とレストランがあり、村の人々が美味しい食事とワインを求めてやって来ます。
 夜は、近くの村祭りへ。この大勢の人たちはいったいどこから? たくさんの小さなお店が所狭しと石畳の道にチーズ・ワイン・香辛料・雑貨等々 並べています。道の角からは、音楽も・・ この賑やかさは、夜更けまで続いたことでしょう。
HomeTop


会社概要プライバシーポリシー免責事項
e-mail:full_italian_support@fastwebnet.it
Copyrights 2009 FULL ITALIAN SUPPORT Allrights Reserved.

inserted by FC2 system